面接成功のポイント
面接の注意点を確認

POINT1
面接希望会社をとにかく調べる。相手の事を知っているのと知らないのとでは大きく差が開きます。面接で自分が準備していた受け答え以外の事を質問されても面接希望会社を調べておく事によって切り抜ける事が出来ます。たとえ上手に話せなくても情報収集はしていて前向きなんだなと悪い印象は与えないでしょう。また面接場所までの所要時間や道順を確認しておきましょう。


POINT2
面接申し込みをする時気をつける事を確認
A.メールで申し込む
最近はメールでの面接予約という方法も多くなってきています。メールは身近なものになっていますが、友人に送るメールと面接の予約のためのメールとが同じ文章ではいけません。メールで注意したい点は「簡潔で読みやすい文章であるか」「文字変換や言葉遣いの間違いがないか」「送り先が間違っていないか」などの点でしょう。また、携帯電話のメールを使用するとついつい絵文字を使ったり句読点を「、、、」このように重ねたりしてしまいがちです。携帯電話からのメールを好まない人もいるので出来ればパソコンからメールは送りましょう。この場合も(笑)(泣)などは使用しないようにしましょう。あくまで熱意や自己PRなどは文章で伝えましょう。どうしても携帯電話からのメールを送る場合は、適度に改行して読みやすい文章を心掛けましょう。そして件名は内容が一目でわかるものにし、自分の氏名は文章の前半部分に入れるようにしましょう。

例:件名 面接の件 ◯◯トリミングスクール在学生 △△
トリミングショップ◯◯
担当◯◯様
私は◯◯トリミングスクール在学生の△△と申します。
ペットのイエローページ閲覧中に御社の求人募集を拝見しました。
是非面接をしていただきたいと思います。
お忙しいところお手数をお掛けしますが、
ご連絡をいただけますでしょうか。
どうぞ宜しくお願い致します。
△△
〒◯◯◯-◯◯◯◯
東京都中央区京橋◯丁目◯番◯号
電話:03-◯◯◯◯-◯◯◯◯
携帯:090-◯◯◯◯-◯◯◯◯
mailto:mensetsu@◯◯◯◯

B.電話で申し込む
面接を受けたい会社が決まったら、まずは面節の予約の電話をしましょう。電話は顔が見えません。いつもより特に丁寧に明るく話しましょう。仕事内容、給与、休日など聞きたい事があっても、いざ電話をすると緊張して忘れてしまう場合があります。電話をかける前にあらかじめメモをとっておくと良いでしょう。電話をかける時間は始業時間やお昼時間などお店の忙しそうな時間は避け、周りが騒がしくない静かな所で落ち着いてかけましょう。携帯電話は電波状況が悪い場合があるので出来れば固定電話でかけましょう。自分から名前を名乗り要件を簡潔に話しましょう。面接の日程が決まったらメモを取りながら復唱して確認しましょう。もし担当者が不在の場合は戻り時間を確認して自分から改めてかけなおしましょう。

例:「お忙しいところ失礼致します。私、御社の求人募集を見て面接の予約をさせていただきたい△△と申します。担当の◯◯様をお願い致します」
面接の日程が決まったら
「◯月◯日、午後◯時から、場所は◯◯でよろしいでしょうか」
電話の最後に
「お忙しいお時間にお手数をお掛け致しました。ありがとうございました」などとお礼を言って相手が電話を切るのを確認してから電話を切りましょう。


POINT3
面接で慌てないために必要なものを用意
履歴書、筆記用具、メールや電話で聞いたメモ、面接場所までの地図などを忘れずに持っていきましょう。余裕があれば一度実際に足を運んでおくのも良いでしょう。働く人間として時間厳守は最低限のマナーです。面接場所には必ず5分前には到着しましょう。あなたを面接する側の人間も時間をさいてくれている事を忘れないでおきましょう。もし遅刻しそうになったら担当者に先に連絡しましょう。ただしあまり早過ぎるのも迷惑なので注意しましょう。また携帯電話の電源は切っておきましょう。


POINT4
良い印象を与えるために気をつけたい事を確認
第一印象はとても大切です。相手に不快感を与えないように注意しましょう。服装は綺麗で清楚なものを選び、靴は磨いておきましょう。だらしない服の着かたや汚れた靴などはいい印象ではありません。髪型は清潔感があり、接客を意識したヘアースタイルを心掛けましょう。特に前髪が長く多いと暗い印象になるので注意しましょう。アクセサリーはしないのが基本です。どうしてもと思う場合は小さくて目立たないものをしましょう。メイクはナチュラルメイクで、マニキュアはしない方が良いでしょう。また面接時に慌てて床に置いても倒れないくらいの大きめで少ししっかりしたバックも便利です。いくら緊張していても、あまりに恐い顔をしていてはふてくされているように思われます。それでは折角のチャンスも台無しです。出来る限り柔らかい笑顔で、挨拶はきっちり頭を下げて明るくハキハキ話す努力をしましょう。


POINT5
使ってはいけない言葉の確認
〜的、やっぱり、〜になります、微妙、〜とか。(それも)あり、など実生活では意外と使われている言葉があります。面接では使わないように注意しましょう。



ペットのイエローページ